裁判所から特別速達が届いてしまった場合

裁判所から特別速達が届いてしまった場合

MENU

裁判所から特別速達が届いたら…

裁判所からの特別速達というのは緊急度が高い。
「重要な通知だ」といっているとも同然です。

 

主に督促状が特別速達でとどく場合が多く、その通知を無視しつづけ、
支払いを怠ると、財産や住宅などを差し押さえる可能性があります。

 

まず、特別速達がきたら弁護士に相談しましょう。
自分にとって、どのような解決方法があるかを提案してくれます。

 

人は生活をしていくのおいていろいろな場面で税金を支払う必要があります。なぜなら税金を支払うことによって、そのお金で社会保障などを充実させることができて、人々が安心して生活をしていくことができるからです。
そのため税金を支払うことは国民の義務であるということが日本の最高法規である日本国憲法に定められています。

 

そして支払わなければならない税金を支払わずに滞納している場合、何回か督促をした後、強制的に税金を回収するためにその人の財産を差し押さえることがあり、財産を差し押さえるまえに差押通知予告書が国から届くことがあります。

 

差押通知予告書は支払わなければならない税金の納付期限から20日以内に発すると法律に定められていて、さらに差押通知予告書を発してから10日以内に支払うべき税金を納付しないと、その税金滞納者の財産を差し押さえることができると法律で定められています。

 

そのため法律的には差押予告通知書を税金滞納者に発してから10日を経過して、その間に税金を納付しない場合に差し押さえが行われることになります。また支払わなければならない税金の納付期限から1か月くらいで差し押さえられてしまうので税金を滞納している人は早めに税金を支払ったほうがいいです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法