失業して借金・ローンが返せない時にするべき事

失業して借金・ローンが返せない時にするべき事

MENU

人は仕事をすることによってお金を得ることができ、それによって生活をしていくことになるのですが、いろいろな事情によって失業してしまうこともあります。人は失業をしてしまうと収入が無くなってしまうので、住宅ローンなどの借金を抱えている場合は支払うことができなくなってしまいます。

 

そして借金を支払うことができなくなってしまった場合はいろいろな方法で債務整理をすることになり、債務整理をするには弁護士や司法書士に頼んでやってもらうことになります。

 

そして失業した人は基本的に無収入になってしまうので3年くらいの期間で分割弁済するという任意整理や一定の収入源を得ていることが前提の特定調停や個人再生を利用して債務整理をすることができません。そのため失業をして無収入になってしまい、借金を支払うことができなくなってしまった場合は自己破産をして自分に負っている債務を免除してもらうことになります。

 

そして自己破産の申立をするには自分の住所地を管轄する地方裁判所に申立をすることになります。自己破産の申立を地方裁判所にした後、一定の手続きを経て免責を得ることによって借金を免除してもらうことができて、新たな第一歩を踏み出すことができます。

 

個人再生のデメリットとは?

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法