債務整理の種類※賢く選ぶポイント|メリット・デメリット完全ガイド

債務整理の種類※賢く選ぶポイント|メリット・デメリット完全ガイド

MENU

失敗しない債務整理のポイント

債務整理に失敗して、何度も債務整理を行う方がいます。それって、手間や経費がかかるだけでムダですよね。

 

債務整理のポイントは、
自分に合った手段を選ぶこと!!

 

裁判所は通したくない…
我が家は守りたい…
借金を¥0にしたい…

あなたに合った債務整理の手段を見つけましょう!!

それぞれの手段についてよく知ることが大切です。

 

簡単にわかる方法は?

いくつかの質問に答えていくだけの1分もかからない簡単な方法で、自分にあった債務整理の手段を教えてくれます。

 

まだ債務整理に悩んでいる方にもおすすめです。

 

 

債務整理の種類

債務整理には4つの方法があります。
借金の金額や返済能力に応じて取るべき方法は変わってきます。

 

任意整理※債務整理|賢く選ぶポイント

まずは一番簡単な方法である任意整理です。これは債権者との示談を行い、借金額を減らすという方法です。
また払い過ぎた金額がある場合は過払い金を請求します。これによって借金をさらに減らすことが可能です。
借金の額が少ない方にお薦めで、弁護士に払う手数料もかなり安いので利用しやすい方法です。

 

特定調停※債務整理|賢く選ぶポイント

次に特定調停です。これは裁判によって減額を図る方法ですが、デメリットがかなり多いため、基本は任意整理となります。
この方法を利用すると、過払い金の請求は行えません。つまり払ったお金は返ってこないのです。この点には注意が必要でしょう。

 

個人再生※債務整理|賢く選ぶポイント

借金の多い方向けの方法として、個人再生が挙げられます。これは3年以内に決められた額の借金を返すことによって、残りの借金を帳消しにする方法です。
借金の額についての規定があり、その金額以下でなければ実行できません。その代わり住宅等の財産を残すことが可能となります。

 

自己破産※債務整理|賢く選ぶポイント

全ての借金を消したいなら、自己破産という選択肢しかありません。借金を全て帳消しにする代わりに、財産も全て無くなります。まさに最後の手段です。
この方法は裁判所へ申し立てをしなければならず、確実に成功しないこともあります。また一部の職業へは就けなくなるので注意してください。

 

債務整理の比較一覧表

 

返済
能力

減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 通さない
個人再生 有(低) 通す
自己破産 全額 通す

 

以上が債務整理の方法です。
とはいっても、金額や返済能力・状況に応じてどの方法を取るべきか、悩むと思います。

 

自分に合った債務整理方法はどれだろう…
もっと詳しくそれぞれの手段について知りたい

 

そういう場合、借金問題のプロである弁護士に相談するのが1番なのですが、やはり経費をかけたくないですよね。
無料相談できる弁護士事務所があるので、無料相談を利用してみるのをオススメします。

 

借金問題に特化し、数々の借金問題を解決してきたプロの弁護士事務所をいくつかご紹介します。

【無料相談】対応力に定評のあるの弁護士事務所

当サイト無料相談申込み数、第1位

 

初回相談無料!!
初期費用¥0/後払いOK/分割払いOK
365日/24時間対応
メール・電話相談OK

 

 

女性弁護士に相談可能
初期費用¥0/後払いOK/分割払いOK
365日/24時間対応

 

 

無料相談ランキング

東京ロータス法律事務所

相談しやすい!と評判の事務所

メール/電話相談は24時間365日対応

樋口法律事務所

サルート法律事務所

債務整理について

債務整理の種類※賢く選ぶポイント|メリット・デメリット完全ガイド記事一覧

債務整理とは、多額の負債によって生活に困難をきたしてしまった人が、その生活の再建を果たすために、法律上の手続きまたは債権者との協議によって、負債の軽減を図ることをいいます。ひとくちに債務整理とはいっても、その方法にはいくつかの種類があります。債務整理の種類の1つ目として、任意整理とよばれる方法が挙げられます。これは債権者と債務者の話し合いによって、返済期間や返済金額などの条件を決めるものです。自己...

債務整理の方法には任意整理、特定調停、個人再生手続、自己破産の4種類がありますが、債務整理で必要となる弁護士費用はこの4種類のうちのどの方法を使うかによって大きく変わります。任意整理を選択した場合は、自分で債権者と個別に交渉を行わなければなりませんが、大抵は弁護士に事案の処理を依頼します。弁護士に処理を依頼する場合の費用は交渉を行う債権者の数によって変わります。着手金の相場は1債権者あたり2~5万...

借金がある場合、それを返すのは当然のことですが、やむをえずどうしても返済できなくなってしまうことがあります。そのような場合に、借金苦から逃れることができる方法が債務整理です。債務整理すると、よい面ももちろんありますが、デメリットもいくつかあります。債務整理するとよい面は、精神的なプレッシャーから解放されること、取り立てにおびえなくてよくなること、いまある借金を返済するために新たな借金をつくる必要が...

現在ではローンを組んで物を購入したり、カードドーンやキャッシングなどによって、お金を借りることを行う場面が増えています。借金問題に関しては、常に利用者の収入に応じて利用することが良い方法とされているのですが、時にはアクシデントが発生してしまうケースも目立ちます。例えば無理なキャッシングをしてしまい、返済するための能力を超えてしまった場合や、他人にお金を貸して、返済されることが無くなってしまった場合...

債務整理は借金の返済が厳しくなった場合に行われる手続きで、それぞれに合った方法で借金を整理していくことでより借金も減額でき、返済が楽に行えるようになります。借金問題で悩みがある方は債務整理を行うことで、その悩みを解消できるようになりますが、いざ手続きを行うとなるとわからないこと、難しいと感じることも多いのではないでしょうか。そういった場合は法律事務所に依頼することも考えてみましょう。法律事務所に依...

借金等の債務整理は個人の力だけでは不可能に近いので、専門家に相談するのが一番確実です。自分だけで考えると自己破産という方法を考えがちですが、弁護士等の法律の専門家に相談すれば自己破産せずに債務整理をする事も可能です。お金を貸している側としても全額を返済してもらえなくなるばかりでなく、債務そのものが消滅してしまうので、自己破産よりはある程度の金額が取り戻せる任意整理の形で債務整理をしてもらう方が返済...

債務整理とはどのようなものでしょうか。また、その中にどのような種類があり、それぞれどんな違いがあるでしょうか。簡単に言うと、債務整理とは債務の問題を解決する方法のことです。この債務整理は任意整理や個人再生、さらに自己破産や特定調停など、いくつか種類があります。また、過払金、つまり払い過ぎた利息分を返してもらうこともその一種です。相続放棄して債務整理することも可能です。このように債務整理には色々な種...

自己破産するとなれない職業の1つに警備員があります。警備員法という法律があって自己破産して免責が得られなかった人は警備員になれないと決められているのです。ですから警備会社に就職する時には会社の方から自己破産者ではないことを確認するために、市役所や区役所などに行って自己破産してないかどうか証明書をもらってくるように言われます。自己破産したら絶対警備員になれないかというとそういうわけではなく、自己破産...