自己破産の前に!ローンが払えない場合の正しい対応まとめ

ローン滞納で信用情報に傷がつくとどうなる?

ローンを滞納すれば、その事実が信用情報に登録されます。(いわゆる「ブラックリスト」)
一度でも信用情報に傷がつけば、今後のローン審査に通らなくなるだけでなく、残額を一括請求される可能性も出てきます。

 

ほかにも、滞納すると次のようなリスクがあります。

  • 返済日の翌日から延滞金が発生
  • 自宅や職場への電話連絡
  • 郵便物による連日の督促
  • 車の没収、自宅の競売

電話での督促から始まり、自動車ローンだと滞納から約1ヵ月で引き上げられ、住宅ローンだと約半年で競売にかけられることになります。
それでも完済できなければ、給与や財産を差押えられることになります。

 

無理して支払いを続けていませんか?

なかには家族や消費者金融からお金を借り、なんとか支払いを続けようとする方もいます。
しかし、来月以降の返済の目処が立っていなければ根本的な解決にはなりません。

 

知らない方も多いですが、実は借金は合法的に減額することができます。

 

毎月の返済額をいくら減らせるか調べる

 

ローンを滞納してもまだ解決する方法はある!

滞納する前なら「リスケジュール」や「借り換え」などの方法があります。
すでに滞納している場合でも、「任意売却」「個人再生」「任意整理」といった方法で解決できます。

 

しかし、時間が経つほどに選択肢は減っていき、最終的には一番デメリットの大きい「自己破産」をするほかなくなります。

 

どの方法がベストなのかは人によって違うため、自分だけで判断するのは難しいでしょう。
そんなとき、専門知識がなくてもすぐに最適な方法を教えてくれる『診断サービス』が便利です。

 

診断サービスで最適な方法を調べる

 

匿名OK!たった5分でベストな方法がわかる

診断サービスは借金のプロが診断してくれるツールで、「自分に合った解決方法はどれか」「返済をいくら減額できるのか」といったことを無料で診断してくれます。

 

使い方は非常にシンプルで、項目から自分の状況に近いものをクリックしていくだけ。ネット環境さえあれば、無料で24時間いつでも利用できます。

 

とくに知りたいことがあれば、最後の質問欄に記入しておくことで、専門家からアドバイスをもらうこともできます。

 

今すぐ無料診断する

 

【実際の解決事例】
  • マイホームを残したまま住宅ローンを半分に!
  • 135万円のローンを80万円に減額!
  • 毎月8万の返済を3万円に減額!
  • 1,400万円の借金総額を0円に!

>>その他の解決事例はこちら

 

 

お急ぎなら今すぐ無料相談!

「返済期日が近い」「すでに督促状がきている」という緊迫した状況であるならば、今すぐにでも弁護士事務所に相談しましょう。
電話相談なら早ければその日のうちに動いてくれます。

 

以下に当サイトでも評判がよく、24時間メール・電話で無料相談を受け付けてくれる法律事務所を掲載しておきます。
興味があれば一度相談してみてください。

 

【実績豊富!】 当サイトで人気の法律事務所

法律事務所にメール・電話で無料相談する