任意整理の方法流れ返済について※個人再生体験談

任意整理の方法流れ返済について※個人再生体験談

MENU

任意整理の方法流れ返済について※個人再生体験談

任意整理は、裁判所などを利用せずに金融業者と交渉して、利息や支払額を減らしてもらうための手続きです。
3年を目安に、返済することを目指します。
任意整理の場合、債権者は交渉に応じる義務がありませんので、自分だけでは交渉に応じてくれない場合があります。
プロに依頼する場合は、司法書士か弁護士へ依頼します。
任意整理の流れは、司法書士や弁護士へ依頼することで、司法書士や弁護士が債権者へ受任通知書を発送します。次に、債権者から取引履歴を取り寄せます。次に、和解案を作成し、債権者と交渉します。最後に返済を開始します。
司法書士や弁護士への依頼は、
次に、司法書士や弁護士が債権者へ受任通知書を発送することで、債権者は債務者への取立や請求ができなくなります。これは、法律で定められています。
次に、債権者から取引履歴を取り寄せます。この履歴を元に利息制限法に基づく引き直し計算をして、利息や過払い金について調べます。
次に、和解案作成です。引き直し計算を元にした借金額を減らす案で、遅延損害金や利息を減らし3年を目安に分割払いできるようにします。また、過払い金がある場合は返還請求を行います。
次に、債権者との交渉です。和解案を提示して同意を得れば和解が成立します。同意を得られない場合は、和解案を検討して直して交渉します。
最後に、和解案を元に返済を始めます。
自分で任意整理する場合の流れも、基本的には同じです。ただし、司法書士や弁護士に依頼する場合と違って、取立や請求が止まることはありませんので注意が必要です。
また、プロに依頼する流れと違いなかなか思うように進みませんので、根気良く交渉する必要があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法