困る!任意整理後の官報の問題※問題解決は無料相談で

困る!任意整理後の官報の問題※問題解決は無料相談で

MENU

困る!任意整理後の官報の問題※問題解決は無料相談で

任意整理の特長として法定金利に従い、払い過ぎていた利息を元金に組み入れることで債務の総額を減らす点があります。長く利用している方、数件の債務がある方は減額の効果も出てきます。気になるのは任意整理の後、どのような影響があるかという点ですが、先ず挙げられるのが新たな借り入れができなくなる点です。
自己破産や民事再生でも同じことがいえますが、任意整理も債務整理のひとつですから、信用情報機関には記録が残ります。この結果、新たなキャッシングは審査に通らなくなり、ローンについても利用できなくなります。借り入れの際、金銭消費貸借契約書と一緒にカードの利用約款などをもらい受けることになりますが、その中にもどのようなことになれば、利用ができなくなるのか明記されています。利用期限の喪失などと明記されていますが、つまりカード会員から外れる、利用できなくなるという点が債務整理についても列記されています。
任意整理は私的な整理方法であるため、官報に載ることはなく、借り入れやローン以外については影響はないといって良いでしょう。資格制限もなく、仕事に影響することもありません。債務整理自体、効果や手続きは本人の帰属するものなので、家族であっても影響はないのも安心材料です。
任意整理をした後は5年前後を目安に新規のキャッシング・ローンの利用はできませんが、信用情報機関から記録が消えれば、利用は可能になります。和解を主体としているので、効果があまり出ない場合があり、減額されても債務の支払いは残ります。減額幅を見極めた上で行うのが任意整理の選択ポイントです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法