任意整理後の住宅ローンについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

任意整理後の住宅ローンについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

MENU

任意整理後の住宅ローンについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

債務整理の有力な方法の一つである任意整理。自己破産などとは異なり、全ての債務を帳消しにすることはできませんが、現在の生活をある程度保ったまま、自然な形で債務を着実に減らしていく事ができます。裁判所を通さずに行うため、法廷に出向く必要がないのに加え、司法書士や弁護士事務所に依頼を行った時点で債権者からの取り立てがストップするなどのメリットがあります。
しかし、注意しなくてはならないのはデメリットも存在するということです。任意整理を行い、債務総額の減額を行った後、返済期間中には住宅ローンを含め、あらゆるローンを組むことは基本的には不可能です。返済期間中は収入が債務返済に充てられるため、生活が厳しくなるため、金銭的にもローンを組むことは難しいのが現状です。さらに、信用情報機関のブラックリストに載せられるので、実際には返済期間中はおろか、返済後もローンを組むことはできません。この信用情報が元に戻るのは任意整理の場合でも完済後5年程度が必要となります。
また、もし任意整理を行う前に住宅ローンを組んでいた場合、そのローンは継続することが出来ます。債務整理に伴って債務が減額されるということは基本的にはありませんが、期間等の見直しをすることが可能です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法