任意整理後カード利用について※自己破産条件・デメリット

任意整理後カード利用について※自己破産条件・デメリット

MENU

任意整理後カード利用について※自己破産条件・デメリット

任意整理のその後のデメリットはあまり気にする必要はありません。基本的な考え方としては現在持っている借金を片付けることを優先することが大事であり、任意整理のその後のデメリットと任意整理のメリットを比較しても、やはりメリットのほうが大きいです。任意整理のメリットとは現在持っている借金をしっかりと返済できるように弁護士に金融会社と交渉をしてもらえることにあります。この交渉によって借金を返済するにあたって過払い金があるなら借金と相殺して金額を減らすことができ、その後は返済をしやすくなるというわけです。デメリットは何かというと、こうして上手く借金を減らすことができ返済計画を立て直すことができた場合、そのまま返済をしていけばいずれは完済することができますが、生活においてお金が必要になった場合に借入することが厳しくなります。まず、現在持っているカードローンなどは利用停止にされる可能性が高いですし、新規にどこかの金融会社へ申し込む場合でも信用が低下しているので合格は難しい状況になります。簡単に言うと、任意整理のその後というのは信用が落ちるので、どんな金融会社へどのような金融商品の申し込みをしても信用が落ちていることが必ずばれてしまうので、不合格になるというわけです。しかし、これは本当に気にする必要がなく、借金をしなくても貯金からお金を貯めれば解決できる話なので、優先することは現在の借金を片付けることです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法