任意整理任意売却をするにはどうすればいい?※体験談

任意整理任意売却をするにはどうすればいい?※体験談

MENU

任意整理任意売却をするにはどうすればいい?※体験談

貸金業者からの債務を背負ってしまったときに、返済を続けていくことが難しくなることがあります。
貸金業者からの借り入れについて借金の返済が続けられないときには、弁護士などに依頼することによって債務整理の方法で法律的な解決を行うことが可能です。
債務整理とは借金の返済ができない場合に法律的な知識を持っている弁護士などが、貸金業者に対して交渉を行うことで借金の金額そのものを減額してもらう手続きであったり、借金を帳消しにする手続きなどを行うことを言います。
債務整理にはいくつかの方法がありますが、財産を処分することなく借金の減額を行える手続きとして任意整理の方法があります。
任意整理とは別の方法として、住宅ローンの返済ができない状態になったときの解決手段として任意売却があります。
任意売却とは住宅などの物件を売却することによって、売却して得られた利益で住宅ローンの支払いができなかった残高部分の支払いの金額として充てる手続きとなります。
任意売却は借金を減らす手続きではありませんので、住宅などを売却した代金が住宅ローンの返済残高の金額に足らない場合には、住宅ローンの支払い義務はそのまま残ることになります。
また、住宅ローンによる借金とは別に、その他のローンやクレジットカードによる借り入れなどがある場合には、任意売却と任意整理の方法を同時に行うこともできます。
この場合には任意売却を行って住宅ローンの支払いをしながら、その他の貸金業者に対して借金の減額の交渉の手続きを行うことになります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法