任意整理の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント

任意整理の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント

MENU

任意整理のメリット・デメリット

債務整理にはいくつかの種類が存在します。
そのなかで最も強力なものが自己破産ですが、これは最終手段です。
失うものが多すぎるので、出来る限り自己破産は避けたいものです。

 

そして裁判所を介すること無く利用出来る、
最も精神的負担の少ない債務整理方法が任意整理です。
任意整理とは、裁判所に出頭することなく債権者と直接交渉し、
新たな負担の少ない返済計画に合意してもらう手続きの総称です。
任意整理について

 

任意整理のメリットは、上記の裁判所を通さずに済むこと以外では、
弁護士に依頼をした時点で取り立てに苦しまなくて済むこと、
負債の元本や利息を大きく減らすことが出来ること、官報に載せられなくて済むことなどを挙げられます。
特に官報に名前が載らないことはあまり知られていませんが大きなメリットです。
自己破産を行うと官報に名前が載ってしまいますが、任意整理ではそのようなことはありません。
そのため官報を通して勤め先や知り合いに、債務整理歴が発覚してしまうこともありません。

 

一方で任意整理にもデメリットは存在します。
任意整理を行うと、和解の成立の有無にかかわらず、他の債務整理方法と同様、
信用情報機関に事故情報として登録されてしまいます。
いわゆるブラックリスト入りですが、こうなると最低でも7年間は新規借り入れが出来なくなります。
場合によっては、和解が成立せずに、裁判所を介する手続きに入ることもあります。

 

このように任意整理にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。
しかしメリットとデメリットはどのような債務整理方法にも存在します。
負債について一人で悩まず、法律の専門家に相談してみることが大切です。

 

任意整理の条件

借金に苦しんでいるあなたは、何らかの方法でその生活が楽にはならないかとお悩みだと思います。その手助けをしてくれる方法として、任意整理というものがあるのをご存知でしたか。
任意整理は誰もが行えるわけでなくてそのために満たさなければいけない条件があるのです。
それらの問題を相談する機関としては法律事務所があげられるのですが、こちらでは簡単にその条件を説明したいと思います。
まず、原則として借金を返済できると思われる人でなければいけないのです。その期間は明確に定められているわけではないのですが、おおよそ3年から5年ほどの猶予が与えられています。そのためには、借金を返済していこうという強い意志が必要ですよね。さらには、安定した収入を得ることができているという証明も必要になってきます。
だから、このシステムさえ利用できたら、高額の借金がきれいに整理されて月々の返済が楽になるという魔法のようなものではないのです。ただ、利息を減らすことができる可能性も高いですし、さらに借金をがんばって返済しようという目標をもつきっかけにはなると思われます。
ただ、この任意整理を法律事務所に相談した場合にはその手続き費用もかかりますのでご注意くださいね。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント記事一覧

債務整理の有力な方法の一つである任意整理。自己破産などとは異なり、全ての債務を帳消しにすることはできませんが、現在の生活をある程度保ったまま、自然な形で債務を着実に減らしていく事ができます。裁判所を通さずに行うため、法廷に出向く必要がないのに加え、司法書士や弁護士事務所に依頼を行った時点で債権者からの取り立てがストップするなどのメリットがあります。しかし、注意しなくてはならないのはデメリットも存在...

借金の任意整理をする前は、ほとんどの人が毎月の返済に悩んでいます。中には返済日が来る前にお金の用意ができないため、別の金融会社から借金を繰り返している人もいます。また返済できずに督促の通知や電話がかかってくる事を恐れていたり、家族に借金をしていることが知られるのではないかと悩む日を送っている人も多いものです。任意整理をすると借金の返済額を減らす事ができます。毎月の返済額を返しやすい額にしてもらう事...

任意整理を行う時、その期間について知っておくことで、手続きを行った時に返済しやすくなるのか判断を付けることができます。任意整理については、手続きを行った後原則3年をめどに返済を行っていくことになります。この期間内であれば、借金を分割で支払っていくことができますので、借金の返済に関して無理なく行えるようになるのですが、逆に借金の額が多すぎる場合、3年以内に返済できない場合もあるのです。抱えている借金...

弁護士事務所の宣伝の中には、任意整理や過払い請求など借金問題の解決をしますというものがあります。現在、借金に悩んでいる人は、任意整理を含む債務整理と過払い請求のどちらが自分に当てはまるのかわからないという人もいるでしょう。まず、任意整理の相談をした方がいい人は、現在、借金の返済をしていて、その返済が出来なくなっているという人です。なぜ任意整理をするとその状況が解決する可能性があるのかというと、利息...

多重債務で、借り入れの件数がかなり多い場合、任意整理するとしたらかなりの費用がかかることになります。たとえば依頼先の弁護士が一社2万円で任意整理の交渉を引き受けた場合、借入件数が10件で、そのすべてと交渉するのであれば20万円かかることになります。債務整理をするという人はお金がないのが普通なので、20万円というのはかなりの大金になります。しかし、費用を捻出するために新たに借金をするというのは避けた...

お金に関する問題を抱えるケースは誰でもあります。冠婚葬祭の参加が多くて、参加費が足りない時もあります。給料が低くて、翌月まで生活費が足りないこともあるでしょう。現金に関する問題は、適切な現金の調達方法を知っておくことで解決することができます。適切な現金の調達方法とは、企業と契約をして金銭的なやりとりをする方法です。利用者の好きなタイミングで借り入れができるので便利です。しかし、複数の企業から借入を...

借金の返済に困っているけれど、自己破産をするのは抵抗があると感じる方は少なくありません。このような方の場合、任意整理という債務整理がお勧めです。任意整理は自己破産のように、全ての借金をゼロにする事はできませんが、利息や元本を見直し債務を圧縮できるのが特徴です。任意整理は基本的に3年で返済するのですが、月々の返済が少なくなりますし、自己破産のように家などの財産を手放す必要もないので、利用しやすい債務...

任意整理をしてうまく借金を完済することができると、完済後は信用情報が気になるところです。基本的に任意整理をするといわゆるブラックリスト入りするわけですが、これによってお金を借りたくても借りれない状況となります。しかし、完済後にどのくらい期間が経過しているのかによって、信用情報はクリアになり信用を得ることが状態となります。これは任意整理完済後どのくらいの期間で信用を得ることが出来るようになるのかは人...

貸金業者からの債務を背負ってしまったときに、返済を続けていくことが難しくなることがあります。貸金業者からの借り入れについて借金の返済が続けられないときには、弁護士などに依頼することによって債務整理の方法で法律的な解決を行うことが可能です。債務整理とは借金の返済ができない場合に法律的な知識を持っている弁護士などが、貸金業者に対して交渉を行うことで借金の金額そのものを減額してもらう手続きであったり、借...

任意整理のその後のデメリットはあまり気にする必要はありません。基本的な考え方としては現在持っている借金を片付けることを優先することが大事であり、任意整理のその後のデメリットと任意整理のメリットを比較しても、やはりメリットのほうが大きいです。任意整理のメリットとは現在持っている借金をしっかりと返済できるように弁護士に金融会社と交渉をしてもらえることにあります。この交渉によって借金を返済するにあたって...

任意整理は、借金の返済で苦しんでいる人が自分自身で債権者と直接交渉し、その借金の返済方法について返済額を減額したり、期日を変更したりすることでその返済をしやすくし、返済し続けられるようにすることです。また、返済先ごとに個別に交渉するため、自分で支払う事のできるものについては任意整理の対象にせずに、そのまま支払うことでクレジットカードなどは以前と同じように利用することもできます。自動車ローンについて...

借金問題に苦しんでいる人は多くいると考えられますが、それぞれの現状に合った解決方法を模索することができます。任意整理と任意売却は言葉が似ていますので、混同してしまう人がいるかもしれませんが、任意整理とは住宅ローンに限らず行える手続きとなっています。任意整理は裁判所を通らないで債務者と債権者が話し合いをすることで、借金額についての減額や免除などを求める手続きになります。消費者金融業者やクレジットカー...

任意整理は、裁判所などを利用せずに金融業者と交渉して、利息や支払額を減らしてもらうための手続きです。3年を目安に、返済することを目指します。任意整理の場合、債権者は交渉に応じる義務がありませんので、自分だけでは交渉に応じてくれない場合があります。プロに依頼する場合は、司法書士か弁護士へ依頼します。任意整理の流れは、司法書士や弁護士へ依頼することで、司法書士や弁護士が債権者へ受任通知書を発送します。...

任意整理の特長として法定金利に従い、払い過ぎていた利息を元金に組み入れることで債務の総額を減らす点があります。長く利用している方、数件の債務がある方は減額の効果も出てきます。気になるのは任意整理の後、どのような影響があるかという点ですが、先ず挙げられるのが新たな借り入れができなくなる点です。自己破産や民事再生でも同じことがいえますが、任意整理も債務整理のひとつですから、信用情報機関には記録が残りま...

任意整理の手続きで代表的な物は自己の資産を売却などの処分をして債務に充てるのが良く知られていますが、任意整理の考え方の基本としては債務額を軽減若しくは清算する事にありますので、その為にはあまり知られていませんが過払い請求の手続きも任意整理の手続きの上でも有効的な手続きとも言えるでしょう。過払い請求は高金利での支払いをした場合などに違法な分の利息を金融機関から取り戻す為の手続きですが、悪徳な金融機関...

任意整理を行い、無事に借金を完済することが出来た後に再びローンを組むことが出来るのかどうか疑問に思う方はいるでしょう。特に任意整理で借金を完済し、将来的に住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたいと考えているような場合はなおさらです。その答えを知るためには、まず住宅ローンの審査の仕組みを知らなければいけません。基本的に住宅ローンを申し込みが行われると、まず金融業者は個人信用情報機関にてローン申込者...

最近、いろいろなところで耳にするようになってきた債務整理、毎月複数の借金返済に追いたくられ、まともな日常生活が営めなくなってしまっている人を救済する措置で、法律事務所に行き弁護士相談を行うと、どういった債務整理の方法がその債務者には一番適しているのかを含めて、今後の生活の立て直し方を図ってくれる救世主のようなものです。誰しも最初は返せると思って借金をし始めるものですが、様々な理由によって返済が滞っ...