任意整理の期間や正しい方法について※無料弁護士相談

任意整理の期間や正しい方法について※無料弁護士相談

MENU

任意整理の期間や正しい方法について※無料弁護士相談

任意整理を行い、無事に借金を完済することが出来た後に再びローンを組むことが出来るのかどうか疑問に思う方はいるでしょう。
特に任意整理で借金を完済し、将来的に住宅ローンを組んでマイホームを手に入れたいと考えているような場合はなおさらです。
その答えを知るためには、まず住宅ローンの審査の仕組みを知らなければいけません。
基本的に住宅ローンを申し込みが行われると、まず金融業者は個人信用情報機関にてローン申込者の過去の借入記録や返済履歴などを照会します。その上で、現在の収入などを考慮しつつ審査の結果を決めるのです。
過去に任意整理を行っていると、当然、個人信用情報にその記録が残っていますので審査に通ることが難しくなります。
では、一生、住宅ローンを組むことが出来ないのかというとそうではありません。
個人信用情報機関に登録された情報は保持される期間が定められているため、一定年数が経てば任意整理の記録も消えてしまいます。つまり、任意整理を行ったという記録が消えてから住宅ローンに申し込みを行えば審査に通る可能性は高くなるのです。
一般的に個人信用情報機関から任意整理を行った記録が消えるまでの期間は7年から10年といわれていますが、実際はどのくらいの年数が必要になるのかは公表されていないため、推測するしかありません。
しかし、新たに住宅ローンを組むことを考えた場合は、最低でも完済から7年は空けて申し込みを行うようにしましょう。
また任意整理をした金融業者で再びローンを組むことは難しいことが多いので、期間を空けても審査に通らなかった場合は別の金融業者に申し込みを行った方がよいでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法