個人再生の手続き・流れ※失敗しない債務整理のポイント

個人再生の手続き・流れ※失敗しない債務整理のポイント

MENU

個人再生の手続き・流れ※失敗しない債務整理のポイント

「個人再生」というのは、負債によって生活が困難になっている人が、生活の再建を図るために行う法律上の手続きであり、弁護士などの専門家に相談してアドバイスを受けた後、手続きを依頼するというのが一般的です。
この個人再生をする場合の流れですが、まずは管轄の裁判所に対して、負債のある本人が「個人再生の申立」をするところからはじまります。申立には申立書のほか、陳述書、債権者一覧表、その他給与明細書や住民票、財産目録などの添付書類が必要となります。
その後、「審尋」とよばれる裁判官による面接があり、申立から2週間ほどの期間を経て、裁判所としての「個人再生手続開始決定」を行います。
ここからの流れとして、債権者から債権の届出を受け付け、最終的な債権額を確定するための「債権の調査」が行われ、これをもとにして「再生計画案」が作成されることになります。この再生計画案というのは、負債を大幅に減額するとともに、残りの負債についての返済期間などについて定めたものです。
「小規模個人再生手続」とよばれる一般的な個人再生の場合には、この案に対して、「債権者による議決」が行われ、債権者として計画どおり進めてよいかどうかを諮る手続きがあります。
この議決を受けて、裁判所は最終的に「再生計画の認可決定」を行いますが、当然ながら再生計画が適当でない場合には、「不認可」ということもありえます。
さらに、再生計画が認可決定されてからの流れとしては、原則として3年をかけて再生計画にのっとった支払いが行われ、完済されるまで続きます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法