個人再生の書類と書式※自己破産のメリット・デメリット

個人再生の書類と書式※自己破産のメリット・デメリット

MENU

個人再生の書類と書式※自己破産のメリット・デメリット

自己破産などの個人再生の手続きの時は必ず裁判所に申し立ての書類を提出する必要が有りますが、多くのケースでは事前に弁護士事務所や法律事務所に相談してから依頼する例が圧倒的に多く、自分で作成する例は少ないですが書式としてはまずは現住所と氏名と年齢と債務の総額と債権者の個人や法人を名称を書く必要が有ります。

個人再生の手続きを行うのは弁護士ですが、弁護士はあくまでも手続きの代行と管財人に過ぎませんので書類に記入される内容は自分の個人情報と債務の総額と返済状況がメインになりますので、書式としてはこれらの情報を正確に記入して裁判所に返済の免除をお願いする形になります。

個人再生とは文字通り新たに生まれ変わって普通の贅沢をしない生活をする意味合いで行う手続きですので、立場としては弁護士を通して裁判所に心を入れ替えますのでこれまでの債務を免除して下さいと言う書式で一般的に申し立てをする形式になり、裁判所の承認の返事待ちをする形になります。

弁護士を通して行う場合は書式もまず間違える事も無いと思われますので、初めてであれば承認の下りる可能性は高いと思われますが返済状況に問題が有る場合は承認が下りないケースも中には有りますので、書式にこだわるのも大切ですが書類を通して誠意を示す事が何よりも大切になってきますので、弁護士に書類作成を依頼する場合は全てを正直に説明して誠意を見せてお願いする姿勢が必要になってきます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法