個人再生の流れ・費用・期間について※自己破産

個人再生の流れ・費用・期間について※自己破産

MENU

個人再生の流れ・費用・期間について※自己破産

自己破産するよりメリットが多い「個人再生」をする場合、どのような流れで手続きが進行していくのでしょうか。
まず、司法書士や弁護士に、人民事再生の依頼をします。依頼を受けた司法書士、または弁護士は、債権者に受任通知書を送ります。これにより、借金返済の催促や取り立てを遠慮してもらい、取引内容を確認することができます。それをもとに、司法書士または弁護士は、書類を作成し、裁判所に人民事再生の申し立てを行います。

裁判所にて受理されることで、人民事再生が開始されます。
個人再生委員と、負債を返済するための個人再生計画を話し合います。裁判所で行われることもあります。
次に、債権届出異議申立が行われます。算出された仮の債権額に、債権者が異議がある場合申し立てることができます。
債権者が納得した場合、最終的な債権総額が決定するでしょう。
後日、負債者が持っている財産価格を提示した財産目録と、民事再生をする理由などを報告書にして提出します。
決定した債権額を、今後どのように支払っていくかを思案し、再生計画案として詳細に作成し、裁判所に提出します。その再生計画案に対して、書面決議か意見聴取が行われるでしょう。
最終的に、裁判所から認可がおりることで、個人再生が確定されます。これで手続きの流れも終了となります。
あとは、再生計画の通りに、減額された負債の返済を開始し、完済を目指します。
この流れのうち、問題となるのは「再生計画案」が、実行可能であるかどうかです。十分に支払いできると認められれば、ほとんどの場合は認可されることでしょう。
手続きは、完了まで、半年ほどの期間がかかります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法