個人再生計画案の作成について※債務の事なら専門家へ

個人再生計画案の作成について※債務の事なら専門家へ

MENU

個人再生計画案の作成について※債務の事なら専門家へ

私はかつて家庭の事情で債務整理の方法について調べたことがあります。債務整理とは借金の返済が出来なくなった時に、弁護士などの法律の専門家の助けを借りて法的手続きをとり、債務を減免或いは帳消しにしてもらえる方法です。かつて多重債務者の自殺が急増し社会問題となった時代があります。今でもヤミ金被害に悩む方がおられるようですので、そのような方達は不幸な結果にならないように弁護士などの法律家の助けを求めて欲しいと思います。
さて、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産という3つの方法があります。借金の程度によってどの手続きが良いか判断します。個人再生は任意整理と自己破産の中間にあたる制度で、自己破産のように債務が全て免責されるものではありませんが、5分の1程度には減額されますので月々の負担が格段に軽減されます。
個人再生は減額された債務を原則3年間の分割払いにする制度です。そのため、個人再生計画案を作成し裁判所に提出しなければいけません。また、個人再生計画案の作成がキチンと出来ていなければ裁判所の認可がおりませんので、計画案の作成は大きなポイントだと言えるでしょう。
個人再生の場合、原則債務者が債権者と交渉し個人再生計画案を作成する必要があります。裁判所は、再生計画作成にあたって第三者的立場から公正な指導をする「個人再生委員」を選任し個人再生手続きを指導監督する措置をとることがあるそうです。
たぶん、難しいことばかりで一般庶民、特に借金問題で心が疲弊している状態では難しいと思います。色々な人の助けを借りて乗りきる必要があるでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法