個人再生して減額について※自己破産する前に!まとめ

個人再生して減額について※自己破産する前に!まとめ

MENU

個人再生して減額について※自己破産する前に!まとめ

個人再生というのは、多額の負債がある人が生活を再建するために行う、債務整理の方法のひとつです。
自己破産と同様に、裁判所への申立てによって行われる法律上の手続きですが、負債がすべて免除される自己破産とは異なり、負債の一部のみが減額され、残りについては再生計画とよばれる取り決めにしたがって、3年から5年程度の期間で分割して支払うことになります。
このため、個人再生の手続きが裁判所から認められるためには、将来的に返済できるだけの収入や資産があることが必要となってきます。
この個人再生によって減額される具体的な負債の幅ですが、これは負債の総額がいくらであるかによって、細かな決まりがあります。
例えば、負債が100万円未満であれば、その全額を支払う必要があり、減額はありませんが、負債が100万円以上500万円未満であれば100万円だけを支払い、残りは減額となります。500万円を超え1500万円未満であれば、負債の5分の1を支払い、残りは減額となります。
これ以上の金額についても、同様に負債の総額に応じた定めがありますが、申立てをする人の多くは1000万円程度の負債であるため、負債の5分の4、すなわち8割方が減額になるというのが、個人再生における負債の減額幅の目安となります。
なお、住宅資金特別条項といって、住宅ローンを返済中の人が個人再生の手続きを行う際には、例外的に住宅ローン分の負債がこの計算の対象から除かれる場合があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法