個人再生が不許可になる場合とは?※無料相談はこちら

個人再生が不許可になる場合とは?※無料相談はこちら

MENU

個人再生が不許可になる場合とは?※無料相談はこちら

借金の返済が難しくなってしまった時、その問題を解決してくれるのが債務整理です。
債務整理には自己破産や任意整理などがありますが、その中でも個人再生はマイホームを持っている方に、メリットが大きいと言われています。

自己破産で借金を整理した場合、家などの財産は手放さなければいけません。
一方、個人再生は住宅ローン以外の借金を整理でき、しかも財産は差し押さえられる事も無い為、自己破産より比較的リスクの少ない、債務整理となっているのです。

ギャンブルや浪費による借金も整理出来る点も、個人再生の利点です。
しかし、裁判所に申し立てをすれば、誰でも個人再生を行えるという事はありません。
不許可になるケースもあるので、注意が必要です。

まず、不許可になるケースとして、借金が5000万円以上あるという事が挙げられます。
借金が5000万円以上あるという場合は、自己破産を検討しましょう。

また個人再生は自己破産のように、借金が無くなるという訳ではなく、借金の圧縮を目的とした債務整理です。
どのくらい減額されるかは、借金の額により違いがありますが最大で10分の1まで借金を減らす事が出来ます。

個人再生の場合、残った借金は原則3年間、何かしらの事情がある場合、最長で5年間で完済しなければいけません。
借金を整理しても、この期間内に返済するのが難しいと判断されれば、不許可となってしまいます。

このようなケースでは、個人再生を受ける事が出来なくなる為、注意しましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法