個人再生後のクレジットカードについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

個人再生後のクレジットカードについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

MENU

個人再生後のクレジットカードについて※賢く選ぶポイント完全ガイド

個人再生をしたら所有していたクレジットカードを返却しなければなりません。クレジット会社の解約条件に個人再生をした場合と記載されているはずです。
新たにクレジットカードを作ることもできません。クレジットカード会社は個人信用情報機関の情報を参考にクレジットカードを作ってもよいか判断しています。個人再生をすると信用情報機関に情報が載ってしまうので、信用が失われクレジットカードが作れません。
信用情報機関に情報が載っている期間は5~10年です。情報機関によって多少の違いがあり、銀行系は期間が長いようです。5~10年経ち信用情報機関から情報が消えればクレジットカードを作ることができます。自分の情報が載っているかは、情報機関に問い合わせることで確認できます。クレジットカードを作る前に確認しておくとよいでしょう。
家族のクレジットカードはどうなるのでしょうか。個人再生をしても保証人になっていなければ家族のクレジットカードに影響はありません。クレジットカードを返却する必要はないし、新たに作ることも可能です。
個人再生をするとクレジットカードが使えなくなり高額な商品の購入が難しくなりますが、その期間は5~10年です。その間だけの我慢だと思いましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法