個人再生の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント

個人再生の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント

MENU

個人再生のメリットについて

とても返済できない借金を抱えてしまったときの債務整理には、
任意整理、個人再生、自己破産などいくつかの方法があります。
任意整理では裁判所を通さずに任意で債権者と交渉し、将来利息のカットと3年での分割返済ができるよう和解を求めます。
個人再生では再生計画を裁判所に提出し、それが認められると借金が大幅に減額されて、3年での分割返済ができるようになります。
自己破産では破産申立書を裁判所に提出し、それが認められると借金がすべて免責となります。
借金の減額効果が高い順に自己破産、個人再生、任意整理となります。
自己破産ではマイホームは手放すことになりますが、個人再生ではマイホームを手放さずに手続きができます。
自己破産では破産開始決定から免責決定を受けるまで、一部就けない職業がありますが、個人再生や任意整理ではありません。
保証人がある場合、自己破産と個人再生では保証人に請求が行ってしまいます。
任意整理では債権者を選んで手続きが出来るために、保証人がある債務を除いて債務整理を進めることが可能です。
自己破産で財産は失いたくないけど、任意整理では借金の減額効果が低すぎる。
そのようなケースに個人再生はメリットがあります。
債務整理のご相談は弁護士、または司法書士で承っています。

 

個人再生デメリット

個人再生という債務整理を、ご存じですか?
個人再生は2001年にスタートした、比較的新しい債務整理なので、あまり馴染みが無いという方も多いのではないでしょうか。

 

個人再生は持ち家を維持したまま借金を整理できる、借金の元本を大幅に減らす事ができるなど、メリットの多い債務整理ですが
はやりメリットもあればデメリットもあります。
個人再生を行う時は、デメリットについてもしっかり知っておく事が、大切と言えるでしょう。

 

まず個人再生のデメリットと言われているのが、継続的な収入が無いと受けられないという点です。
自己破産や任意整理の場合、無職の方でも借金を整理する事ができますが、個人再生は年金収入や夫・妻に安定した収入がある場合を除いて、
無職の方が行う事はできません。

 

ですので無職で個人再生を受けたいという場合、まず職を探してからという事になってしまいます。
早く借金の問題を解決したいという場合、無職の方は個人再生は向いていないと言えるでしょう。

 

また個人再生は借金の額が5,000万円以下という決まりがあるので、これ以上の借金がある場合、個人再生は受けられません。

 

個人再生にはこのようなデメリットもある事を考慮して、行うかどうか判断しましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

個人再生の条件|メリット・デメリット完全ガイド※賢く選ぶポイント記事一覧

個人再生をしたら所有していたクレジットカードを返却しなければなりません。クレジット会社の解約条件に個人再生をした場合と記載されているはずです。新たにクレジットカードを作ることもできません。クレジットカード会社は個人信用情報機関の情報を参考にクレジットカードを作ってもよいか判断しています。個人再生をすると信用情報機関に情報が載ってしまうので、信用が失われクレジットカードが作れません。信用情報機関に情...

借金や多重債務で苦しんでいる人の救済方法は数多くありますが、最も多く用いられている方法の一つとして個人再生という方法を挙げることができます。個人再生というのは簡潔に言うと自己破産と任意整理の中間的な方法で債務整理を行う方法であり、裁判所に債務の免責を申し立てて債務額を大幅に減額してもらい、長期的な分割払いによって残った債務を返済していくという方法になります。債務を大幅に減らすことができ、自己破産の...

債務整理の手続きの方法の一つに個人再生の方法がありますが、個人再生とは裁判所に申し立てることによって一定の額まで債権を減額して、残りの債権を裁判所に提出して認可を得た再生計画のとおりに返済をしていくという債務整理の方法です。そして個人再生の方法で債務整理をする場合に今後どのように返済をしていくのかを記載した個人再生計画案を作成して裁判所に提出する必要があります。裁判所は提出された個人再生計画案をし...

債務整理の中でも比較的新しい制度に、個人再生という方法があります。借金の問題を解決するには自己破産というイメージが強いですが、この個人再生は自己破産にはないメリットがあるとして、選ぶ方が多い債務整理なんですよ。個人再生は自己破産のように、全ての借金をゼロにする事はできません。しかし、借金は住宅ローンを除き5分の1~10分の1、又は100万まで減額できるので、大幅に借金の額を減らせるのです。また自己...

消費者金融や銀行のカードローンなどで無計画に借入をしてしまい、気付いたら借金がとんでもない額に膨れ上がってたというケースは少なくはありません。こういった場合債務整理を行うことになりますが、債務整理の中のひとつに個人再生という方法があります。個人再生は借金の負担が大幅にカットされるだけではなく、マイホームを手放したり車なども処分せずに負担のない金額で返済していくことが魅力ですが、原則として3~5年で...

個人再生は、債務整理の一種で、裁判所に申し立てを行う事により借金額を大幅に減らしてもらうという内容です。5分の1位程度まで借金を減額できるので、返済の負担はかなり軽くなります。また、車や家等の保有している財産を手放す必要もありません。個人再生のデメリットは、信用情報機関と官報に記録されるという事です。信用情報機関に記録される期間は5年から10年であり、その間は金融機関から融資を受ける事は出来ません...

個人再生は大幅に借金を減額し、原則3年間で完済を目指す債務整理です。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方も多いと思いますが、個人再生は自己破産のように家などの財産は差し押さえの対象となりません。ですので家や車などを維持出来る為、借金を整理した後も比較的これまでと同じような生活を、送りやすい債務整理と言えるでしょう。自己破産より利用しやすい個人再生ですが、個人再生で借金を整理した後、過払い金請求...

「個人再生」というのは、負債によって生活が困難になっている人が、生活の再建を図るために行う法律上の手続きであり、弁護士などの専門家に相談してアドバイスを受けた後、手続きを依頼するというのが一般的です。この個人再生をする場合の流れですが、まずは管轄の裁判所に対して、負債のある本人が「個人再生の申立」をするところからはじまります。申立には申立書のほか、陳述書、債権者一覧表、その他給与明細書や住民票、財...

借金の返済が難しくなってしまった時、その問題を解決してくれるのが債務整理です。債務整理には自己破産や任意整理などがありますが、その中でも個人再生はマイホームを持っている方に、メリットが大きいと言われています。自己破産で借金を整理した場合、家などの財産は手放さなければいけません。一方、個人再生は住宅ローン以外の借金を整理でき、しかも財産は差し押さえられる事も無い為、自己破産より比較的リスクの少ない、...

自己破産するよりメリットが多い「個人再生」をする場合、どのような流れで手続きが進行していくのでしょうか。まず、司法書士や弁護士に、人民事再生の依頼をします。依頼を受けた司法書士、または弁護士は、債権者に受任通知書を送ります。これにより、借金返済の催促や取り立てを遠慮してもらい、取引内容を確認することができます。それをもとに、司法書士または弁護士は、書類を作成し、裁判所に人民事再生の申し立てを行いま...

最近は、店舗といっても街中での営業をしているお店以外にも、様々なお店があります。その一つがウェブショップになります。インターネットを通じて、ショッピングをするという形態になりますが、支払い方法は現金を選ぶ事もできますが、クレジットカードや電子マネーなどの類で支払いをする人が多いです。人それぞれの感覚になりますが、やはり、現金をきちんと通して支払いをするという方法が、一番お買い物をする上では分かりや...

マイホームを手放さずに済む個人再生は、債務整理方法の中でも特にメリットが多い借金問題解決手段です。それでは、我が家は無事としてもし債務者が車を所有している場合、手放す必要があるのでしょうか。実は、個人再生のマイカーに関しては手放さなければならないケースと手放さなくても大丈夫なケースの2通り考えられます。マイカーを手放さずに済むかどうかは条件にもよりますが、基本的に自動車ローンを組んでいるのかどうか...

個人再生の手続きをする予定なのであれば、一体どこかにか相談をしなければいけません。個人再生は自分で手続きを行う事も可能ですが、やはり法律業の方に依頼した方が円滑に進みます。相談と依頼は通常、二つの有資格者に任せることができます。一つが司法書士で、もう一つが弁護士となります。この二つは、基本的に依頼する料金も異なってきます。そのため、個人再生でも相談先の方もしっかりと考えなければいけません。具体的に...

個人再生は任意整理の手続きを行っても返済していく事が難しいけれど、自己破産は避けたい方に向いている手続きです。個人再生は2001年から始まった比較的新しい制度で、自宅を所持している債務者の為に作られた制度と言われています。借金を整理して一部を免除にしてもらい、残りの金額を原則3年ほどかけて返済していく方法です。どうしても3年では返済しきれない場合は最長で5年までのばしてもらうことができます。ただし...

個人再生というのは、多額の負債がある人が生活を再建するために行う、債務整理の方法のひとつです。自己破産と同様に、裁判所への申立てによって行われる法律上の手続きですが、負債がすべて免除される自己破産とは異なり、負債の一部のみが減額され、残りについては再生計画とよばれる取り決めにしたがって、3年から5年程度の期間で分割して支払うことになります。このため、個人再生の手続きが裁判所から認められるためには、...

住宅ローンを支払っていくのに苦労なさっている方は不況の世の中結構いらっしゃる課と思われます。もしも、我が家の住宅ローンが支払えなくなってしまったら、我が家を守るために自己破産以外の方法で債務を整理したいと考えている方には、個人再生がお勧めです。個人再生では、我が家を維持しながら債務整理をすることができます。我が家の住宅ローンが終わっていない状態で、支払いが困難となったときに個人再生という方法は利用...

債務整理といえば自己破産を思い浮かべがちですが、じつは債務整理には4種類の手続きが用意されており、自己破産はそのうちの一つの手段にすぎません。これらの債務整理の手続きには種類によってそれぞれ特徴があり、借金の状況や個人の希望などによって、最も再出発にふさわしい方法を選択することができるのです。債務整理の手続きの一つである個人再生は、裁判所に再生計画を提出し、それが認可されることによって借金の総額が...

私はかつて家庭の事情で債務整理の方法について調べたことがあります。債務整理とは借金の返済が出来なくなった時に、弁護士などの法律の専門家の助けを借りて法的手続きをとり、債務を減免或いは帳消しにしてもらえる方法です。かつて多重債務者の自殺が急増し社会問題となった時代があります。今でもヤミ金被害に悩む方がおられるようですので、そのような方達は不幸な結果にならないように弁護士などの法律家の助けを求めて欲し...

自己破産などの個人再生の手続きの時は必ず裁判所に申し立ての書類を提出する必要が有りますが、多くのケースでは事前に弁護士事務所や法律事務所に相談してから依頼する例が圧倒的に多く、自分で作成する例は少ないですが書式としてはまずは現住所と氏名と年齢と債務の総額と債権者の個人や法人を名称を書く必要が有ります。個人再生の手続きを行うのは弁護士ですが、弁護士はあくまでも手続きの代行と管財人に過ぎませんので書類...

消費者金融業者などから返済しきれないほどの多額の債務があるときには、債務整理の方法を使うことができます。債務整理は法的な借金問題の解決方法で、個人再生の手続きについても債務整理の手段のひとつになります。個人再生の手続きにはスケジュールがあり、個人再生申立書を地方裁判所に提出します。裁判官の尋問を受けて、3年間で返済が可能であるかなどの質問を受けることになります。履行テストや弁済許可などの手続きを行...

公務員の方で、借金の返済が難しくなってしまった場合でも、個人再生の手続きを行うことはできます。公務員の方でも個人再生を行ったとしても、離職する必要がなくなってきますし、職場にも知られることなく手続きを行えますので、借金の額が大きい方でもその後の生活について安心することができるでしょう。個人再生を行うことで、大幅に借金の額を減らしていくことができますし、公務員の場合、これから継続的に安定的な収入を得...