自己破産の条件とは?|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産の条件とは?|自己破産を考えている人が読むサイト

MENU

自己破産の条件とは?|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産は債務超過に陥ってしまい、債務を返済することが出来なくなった人の最終手段とも言える手段です。
ですが実際に債務を帳消しにするのは自己破産ではなく、自己破産の結果認められる「免責」です。

 

自己破産の手続きをして、免責が認められた場合にはじめて自己破産することが出来ます。

債務整理の方法は他にも色々あります!
人によっては自己破産ではなく、個人再生任意整理のほうがいい場合もあります。
無料診断ツールを賢く使って、本当にあなたに合った債務整理を見つけましょう!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

「免責」が認められる条件とは?

実際に免責が認められるには大きく分けて二つの条件があります。

 

返済不能であること

まず一つ目の条件になるのが「返済不能状態になっていること」です。
手持ちの現金がない状態であったとしても、自動車や不動産などの財産があるのであればまずは処分を行い、返済に充てなければなりません。

 

この点について明確な基準はありませんが、換金できる財産を換金し、その金額すべてを返済に充てて最後に残った債務が、
「収入から最低生活費を除いたあとの金額で3年以内に返済できる金額であるかどうか」
が焦点になることが一般的といわれています。

 

借金の理由

二つ目の条件は「免責不許可事由に該当しないこと」=簡単にいうと「借金の理由が浪費でないこと」です。

 

免責不許可事由については幾つかの条件がありますが、中でも一般的な人に該当しやすいのが「浪費や賭博によって債務を負担していないこと」や「特定の債権者に対して利益を与える、もしくは他の債権者を害する目的で担保の供与、または債務の消滅に関する行為を行っていないこと」などです。

 

つまりパチンコなどをするために作った債務については帳消しにされることは難しいと言われています。
また、自己破産の申立てを行った後で特定の債権者に対して返済をしたなどの事実があると、これも債務の帳消しがされないということになるのです。

 

しかし、パチンコなどのギャンブルによる借金の場合でも、免責が認められるケースもあります。債務整理に強い弁護士に相談することをおすすめします。

 

最近では無料相談をおこなっている弁護士事務も多いので、まずは一度利用してみるとよいでしょう。
なかでもこちらの法律事務所は、全国どこでも無料相談ができ、相談自体は無料で何度でも行えるのでオススメです!

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

自己破産しようか迷うなら

借金を減額できるか調べる方法があります!
それは「借金解決ツール」を使うこと!!
匿名・無料で診断出来るので、是非利用してみて下さい

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

自己破産の条件=返済不能であること

自己破産には条件があります。
自己破産することが出来る条件を事前にしっておくことで、スムーズに自己破産をすることが出来るようになります。
自己破産をするためには、借金が多くて自分で支払うことが出来ないと裁判所に判断された時に行うことが出来ます。
具体的に言いますと、まずは資産や財産を借金を返済することが出来るくらい持ってないことです。
さらには借金を返済するために資金を調達することが出来ないこと。
そして借金の返済がすでに滞ってしまっていること。
継続的に収入があったとしても、その収入で借金を返済することがないこと。
これらのことを踏まえた上で、支払い能力があるかないかを裁判所が判断して、自己破産が出来るかどうかが決まります。
これらのことを総合的に判断すること決まりますので、事前に自身が自己破産の条件を満たしているかはおよそは判断することが出来ます。
上記にもある通りに、仮に収入が多かったとして、その収入で借金の返済をすることが出来ると裁判所が判断した場合は、自己破産をすることが出来ません。
また不動産等の資産を持っている場合は、そちらで返済することが出来ると裁判所に判断されれば、自己破産をすることが出来ないので注意する必要があります。

 

1.借金の理由
難病の為

2.苦しかった経験
原因不明の難病が発病してしまい、徐々に働けなくなって休職になりました。
収入は激減し、治療費だけで月々5~6万円は消えていきました。
家賃も合わせると相当な金額が月々消え、会社の給料も社長の交代を機に
マイナスになってしまいました。
身体の不調を嘲笑うかのように、今まで月々の給料で賄っていた出費が牙を剥き始めました。
月々返済しても元本が全く減らず、ほぼ金利のみの支払いになってしまっていた時期は
無力感が酷かったです。毎日明日は何をしていけば生きられるのかを考えていました。

3.解決方法
一人暮らしの限界が来たので、個人で弁護士さんへ任意整理をお願いした後
実家に戻り療養しました。
最初は自己破産も考えていましたが、この額で行うのは勿体無いという
弁護士さんのお話を聞き、任意整理となりました。
体調も病院の治療のかいもあり、その後は何とか体調を維持出来るまでに回復しました。
その後は就職した職場の給金と副業(株等の投資)で働いて返しました。
金利が無くなって原本が減ってくれるというのが、非常に精神的に支えになりました。