自己破産の方法と手続きの流れ|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産の方法と手続きの流れ|自己破産を考えている人が読むサイト

MENU

自己破産の方法と手続きの流れ|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産をするに辺り簡単な流れを説明しましょう。

 

自己破産は弁護士に行ってもらうこともできますが、自分で行う事も出来ます。
これらの作業は全て裁判所を通して行うことになっています。

 

まずは申請書類を書いたり必要書類を集める必要が有ります。

破産申立書・免責申立書

まずは「破産申立書・免責申立書」が必要で、債務者の個人情報や財産状況を記載します。

陳述書

次に「陳述書」で借金した理由や経済的破綻になった理由、自分の状況等や反省文と今後の展望等を記載した具体的な文章を提出しなければ行けません。

この「陳述書」を記載する事は大変難しいと言われているので、通常でしたら弁護士等と一緒に作成するのが好ましいでしょう。

債権者一覧表

「債権者一覧表」は自身の借金についての時期や現状を記載する書類です。個人と法人のどちらも必要になります。全部記載しないと免責許可の決定が受けられない可能性があります。

資産目録

「資産目録」は自身が所有している財産について記載します。「家計の状況」は過去2~3ヶ月の家計収入及び、支出の細かい家計簿を同居の家族の収支を合わせて提出する必要があります。

その他

その他にも住民票等自分の証明ができるものやクレジットや預金通帳等自身の財産を証明するものの提出が必要です。

 

用意が出来たら地方裁判所に提出して、審尋してもらいます。

 

手続きが決定したら財産整理をして免責の審理があります。

 

ここで、面接等が行われるのですが、弁護士に依頼すると書類の作成はもちろん本人代理として面接

 

その後免責の決定や不許可の決定があります。

1.借金の理由

半分は生活費、残りは借金返済のための借金


2.苦しかった経験

月末になると・・・どころか、年がら年中、「今度の支払いに、間に合うだろうか。
もし限度枠内のなかでの借り増しができなくなったら、お手上げなんだけれど、どうしようか・・・」と、
24時間365日、ひたすら「お金、どうしよう」とばかり考えるようになったのが、
いちばん苦しかったです。
お金の工面以外にもやらなくちゃいけないことって、たくさんありますよね?
仕事とか、食べることとか、趣味を楽しむこととか。
そういうのが、ぜんぶ灰色の「ただタスクをこなすだけ」になってしまって、
とにかく頭の中は借金・借金・借金・・・。
これが、とにかく苦しかったです。


3.解決方法


結局のところ、たまたま地元で開催された弁護士さんの相談会に行って、
すぐに債務整理を進められ、その通りにしました。
自己破産とか任意整理には抵抗もあったのですが、
正直なところ、もう精神的に疲れ切ってしまって、
「これ以上、イヤなことはないでしょ」と
なかばヤケッパチで債務整理をすることにしました。

最終的な解決にはしばらくかかったのですが、
支払いのことを考えなくて良くなったので、
とにかく、それがラクになりました。
弁護士さんに全てを任せたので、
人生を前向きに考えられるようになりました。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法