自己破産の総額費用はいくら?|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産の総額費用はいくら?|自己破産を考えている人が読むサイト

MENU

自己破産の総額費用はいくら?|自己破産を考えている人が読むサイト

自己破産の手続きはかなり法律的な知識が必要となり、また裁判所に申し立てをするためにはいろいろな書類を作成したり、集めたりしなければならないので、一般の人が自分でやるにはかなり困難であると言えます。
そのため自己破産をするために必ずと言っていいほど、法律の専門家である弁護士に手続きをお願いすることになります。

 

しかしこれから自己破産をしようとしている人はほとんどお金を持っていないので、弁護士に手続きをお願いするとどの程度の費用がかかるのかが気になります。

 

そして弁護士に自己破産の手続きをお願いする場合にかかる費用の相場はある程度決まっていて、手続きを開始する前に支払うことになる着手金が数十万円必要になり、また自己破産の手続きがすべて終了した後に支払うことになる成功報酬も数十万円必要になってきます。
しかし上記に述べたとおり、自己破産をしようとしている人はお金をほとんど持っていないので、相場よりも安い費用で自己破産の手続きをしてくれる弁護士も増えていて、さらに一括で費用を支払うことができない人のために分割払いを認めている弁護士も多いです。

 

このようにお金が無くても弁護士もいろいろと配慮してくれるので、安心して自己破産の手続きをしてもらうことが可能です。

1.借金の理由

事業の連帯保証人


2.苦しかった経験

ヤミ金などの危ないところで借りたわけではないので、いやがらせや家族が嫌な
目に合うということはありませんでしたが、銀行の担当の方から毎日のように連絡
があり解決方法を探し続けたことが苦しかったです。親族や弁護士、知り合いなど
と話し合い何とか穏便に解決できないか探し回りましたし、他の債権者の方にも
頭を下げて回りました。
苦しい状況を理解して下さる方もいましたが一方的に怒鳴られることも多く精神的に
非常に辛い時期がありました。


3.解決方法

最終的には親族に利息なしでお金を借り、債権者に返済しました。しばらくして
会社の財産を整理した際にある程度まとまったお金が出来たので金額は
足りませんでしたが全て返済にまわしました。足りない分はその後コツコツ
親族にお金を返しています。解決方法を探していたときは自己破産も考え
ましたが親族の厚意で借金を返す方向に話を持っていけたので債権者の
方にも何とか返済して納得していただけたのは結果的に良かったと思います。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法