自己破産の手続き・同時廃止の場合※無料相談で解決

自己破産の手続き・同時廃止の場合※無料相談で解決

MENU

自己破産の手続き・同時廃止の場合※無料相談で解決

自己破産を利用しようと思った場合、色々な専門的な言葉を聞くことがあるはずです。その中のひとつに、同時廃止があります。
自己破産を申し立てる手続きは、破産手続開始申し立てと、免責許可申し立てという2つの申し立てを、一緒に行います。
破産手続は、資産を清算する手続きを意味します。自己破産することになった人の資産を集めて処分し、現金に換えます。その上で、債権者に対して、借金の額によって配当していくのが破産手続きなのです。処分される資産は、住宅、自動車、生命保険の返還金、他人に貸していたお金、株式などです。この破産手続きは、裁判所が選任した破産管財人が行うことになっています。
しかし、当然のことですが、自己破産するような状況までなった場合、借金に充当できるような資金があることはめったにありません。債権者に配当する資産はないということになります。その場合、破産管財人の仕事はないため、裁判所は破産管財人を選任せず、破産手続自体を廃止します。そのため、破産開始の決定と同時に破産廃止の決定も行われるのです。これを同時廃止と呼びます。
同時廃止が行われた後は、免責許可の手続きになります。免責許可とは、ある一定の期間を決めた上で、債権者が免責に関する異議申立てをする機会を与えるものです。債権者から申し立てがなければ、免責許可決定を裁判所が行います。官報に公告されてから2週間が経過すると、免責許可決定の効力が確定します。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法