破産宣告免責について※自己破産の手続を考えている方へ

破産宣告免責について※自己破産の手続を考えている方へ

MENU

破産宣告免責について※自己破産の手続を考えている方へ

破産宣告とは破産手続開始の決定のことを言います。
裁判所に申し立てを行い、裁判所に支払い不能であると判断されると破産手続開始決定が下されます。
その後に免責不許可事由に該当していないかチェックされ、該当していない場合は免責許可の決定が下され、債務の支払いが免除されます。
破産宣告後は家財道具から何もかも差し押さえされてしまうイメージがありますが、99万円以下の現金、20万円以下の預貯金、20万円以上の価値のあるマイカーや有価証券など最低限の生活が送れるように一定以上の財産は残されます。
家財道具や給料を差し押さえされることはありませんので、今すぐ生活出来なくなるほどの影響が出ることは少ないです。
その代わりにマイホームは差し押さえされてしまいますので、ご家族と同居している場合はご家族に悪影響が出てしまいます。
破産宣告後から7年間は免責が不許可となっています。
生活に悪影響が出て多額の借金を再度抱えてしまっても、7年間は自己破産が出来ないです。
破産宣告後はお金に困る事の無いようにきちんと生活設計を建てることが大切です。
自己破産は裁判所を通す手続きで終了するまでにかなりの期間が必要です。
換価できる財産を持っている場合は1年以上は見ておいたほうが良いです。
換価できる財産を持っていない場合は手続きを依頼された弁護士または司法書士と言った士業や、申し立てを行った裁判所にもよりますが、約3ヶ月から半年は見ておいたほうが良いです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法